病気に打ち勝つコツ|乾燥するシーズンには白色ワセリンで保湿も必須

体に備わっている力です

マスク

免疫力という言葉をお聞きになったことがある方も多いことでしょう。免疫力とは、病気に打ち勝つために体に備わっている力のことです。そして、複数の免疫細胞が関与しています。私たちの身の周りには、病気をもたらす数多くの病原性微生物が存在します。例えば、インフルエンザウイルスやノロウイルスは冬の乾燥した時期に毎年のように流行が見られます。また、最近ではデングウイルスやジカウイルスによる感染症も問題になっています。さらには、病原性大腸菌やカンピロバクターによる食中毒は細菌が原因で起こる病気で、夏場に発生が多くなります。体外からやって来る病原性微生物以外にも、体内で生まれてくるがん細胞によりがんを発症することがあります。そして、このように多くの病気と闘い、インフルエンザにかからないように予防するためには、免疫力が必要不可欠なのです。普段の食事に注意しながら体の免疫力を高めると同時に、徹底した消毒を意識しましょう。出先から戻ってきたときにはしっかりうがいと手洗いして、ウイルスを自宅内に持ち込まないことが何より重要だと言えます。

インフルエンザ予防のために免疫力を高めるためには、十分に睡眠をとることやバランスの取れた食事をとることが重要です。また、適度な運動を行ったり、体が冷えないようにする工夫も大切です。最近では、免疫力を向上させる効果が期待できる数多くの種類のサプリメントが市販されています。また、サプリメントの服用と同じくらい重要とされるアルコール消毒は日頃から意識して行ないましょう。都度消毒することが何より重要ですが、全ての外出先でアルコールが設置されているとは限りません。アルコール消毒を徹底する為にも、簡単に携帯できるアルコールのウェットシートを活用すると便利です。手に揉み込むだけでタオル拭きも必要ないアルコールジェルもあるので、子どもから大人まで気軽に使えます。